世界ツアーズTOPペルー旅行 > ペルーで食べたい料理・食事のご紹介

ペルーへ行ったら絶対食べたいの代表的ペルー料理

ペルー料理・食事

ペルーへ行ったら絶対食べたい!代表的ペルー料理

旅の醍醐味と言えば、観光と同時に現地料理を楽しむことにありますが、ペルーにも様々な料理があります。ペルーは太平洋側に面していることから魚介類がたいへん豊富で、その魚介類を使った料理が多いですが、一方で アンデス地方の肉やジャガイモ、紫たまねぎ、トマトなどの野菜も料理に多く取り入れられており、様々な嗜好を凝らした味わい深い料理が楽しめます。また、南米特有のライムやレモンを使ったさっぱりとした料理から、魚介の旨みを引き出したスープなど、バラエティーに富んだ料理を選べます 。このページでは代表的なペルー料理をご紹介いたします。

セビッチェ
ラテンアメリカの代表的な「セビッチェ」は、白身魚 やタコ、エビ、イカ、貝などにレモンやライムを絞って、紫タマネギと和えたマリネのような料理です。沿岸地方で食べることが出来ます。



アロス コン マリスコス
アロスはお米のことで、マリスコスはシーフードなので、シーフードチャーハン、又は、南米風ピラフのようなものです。沿岸地方で食べることが出来ます。



ロモ・サルタード
牛肉の細切り、タマネギ、トマト、フライドポテトを炒めた料理。ペルーのどこででも食べられる国民食で、日本人の口に合う料理です。



チュペ・デ・カマロネス
エビをトマトスープで煮込んだ濃厚なスープです。カマロネストはアレキパの川エビのことで、特に南岸地域で美味しいチュペ・デ・カマロネスが食べれると言われています。



ソパ・デ・マリスコス
ソパ・デ・マリスコスは、トマトベースのスープに魚介の旨みがたっぷりと浸み込んだ、具だくさんシーフードスープです。



パパアラワンカイナ
ワンカイヨ地方発祥の料理で、ゆでたジャガイモにクリーム、チーズ、黄色いトウガラシなどで作ったソースをかけた前菜のような料理です。



アンティクーチョ
アンティクーチョはペルー国民食の代表的な食べ物で、牛の心臓(牛ハツ)の串焼きです。すりおろしたニンニクソースに半日ほど漬け込み、味をしみ込ませた後、バーベキューのように焼き上げるため、その香ばしい匂いだけで食欲がそそられます。 町には屋台も多いので食べ歩きにちょうどいいです。



トルーチャ
チチカカ湖で捕れるマス(トゥルチャ)を焼いたシンプルな料理で、チチカカ湖や山岳部などで食べれます。チチカカ湖観光情報はこちら


アルコール・ドリンクのご紹介

ペルーの国民的な飲み物と言えば国内シェアNo.1の「インカコーラ」です。黄色くて甘みの強い炭酸飲料でクセになる味わい。その他、紫トウモロコシをレモンと煮込んだ「チチャ・モラーダ」や「リモナーダ(レモネード)」などが飲まれています。クスコでは高山病症状の予防・緩和のためコカ茶をよく飲みますが、コカの葉をコーヒーカップに入れてお湯を注ぐだけのシンプルな飲み物。

アルコールでは、ブドウの蒸留酒「ピスコ」はペルーを代表するお酒で、卵の白身とレモン・砂糖をくわえたカクテルのピスコサワーが有名です。ビールの種類も多く、クスコの「クスケーニャ」、リマの「クリスタル」、アレキパの「アレキペーニャ」など、地域で楽しめます。

ピスコサワーピスコサワー
クスケーニャクスケーニャ
インカコーラ インカコーラ

ペルーおすすめツアー

マチュピチュU

充実・マチュピチュ 7日間

〜1名様から催行!マチュピチュ村3連泊で空中都市マチュピチュをじっくり巡る!〜

写真

さくっとペルー 6日間

〜ペルーの世界遺産クスコと天空都市マチュピチュをさくっと巡る旅行!〜

写真

南米2大ハイライト 9日間

〜ペルーの天空都市マチュピチュ、と、ボリビアのウユニ塩湖を巡る旅行!〜

写真

リマ、ナスカ地上絵、クスコ、マチュピチュ、チチカカ湖、ラパス、ティワナク遺跡 11日間

〜南米らしさを象徴する2ヶ国(ペルーとボリビア)を巡る旅行〜

ハイライト

リマ、ナスカ地上絵、クスコ、インカの聖なる谷、マチュピチュ 8日間

〜ペルー満喫旅行〜

マチュピチュT

クスコ、インカの聖なる谷、マチュピチュ、アグアスカリエンテス、チチカカ湖、ナスカ地上絵 10日間

〜ペルーの見所を徹底網羅する旅行!〜

マチュピチュU

クスコ、インカの聖なる谷、マチュピチュ(サンクチュアリロッジ泊)、チチカカ湖、ナスカ地上絵 10日間

〜ペルーの見所を徹底網羅する旅行!〜

写真

リオデジャネイロ、イグアスの滝、サンパウロ、リマ、クスコ、マチュピチュ、チチカカ湖、ナスカ地上絵 12日間

〜南米ブラジルとペルーを巡るハイライト旅行〜




0335672111