TOP南アフリカ旅行TOP> > 南アフリカ(クルーガー私営保護区)で泊まるおすすめ人気ホテル特集

南アフリカ(クルーガー私営保護区)で泊まる、豪華なおすすめ人気ホテル特集

クルーガー私営保護区エリアのおすすめホテル

南アフリカ最大規模のクルーガー国立公園に隣接していくつかの私営保護区があります。 国立公園は基本的に自分の車でサファリを行うセルフドライブが中心ですが、ルールも厳しく定められています。一方、私営保護区ではサファリドライブの時間や道路規制などが緩く、それぞれに趣向を凝らした豪華ロッジが建てられています。そのため、ゆったりと滞在をしながら、サファリも満喫したい方に人気となっています。

カパマ・リバー・ロッジ(カパマ私営保護区)

カパマの中でも最も大きなロッジです。スパスイートやファミリールームなども充実しており、ハネムーナーだけでなくご家族連れにも人気です。ラウンジからは水場にやってくる動物達を眺めることができるかもしれません。

客室数:64室

カパマ・バッファロー・キャンプ(カパマ私営保護区)

伝統的なアフリカのサファリキャンプをイメージして建てられたテンティッドキャンプです。夜になるとランタンが歩道を照らし、優美な雰囲気を演出してくれます。

客室数:10室

シュクドゥ・ゲーム・ロッジ(シュクドゥ私営保護区)

このロッジの最大の特徴は敷地内で出会えるチーターです。運が良ければ朝のウォーキングサファリで一緒にお散歩することができるかもしれません。

客室数:14室

サビサビ・ブッシュ・ロッジ(サビサビ私営保護区)

1830年にキャンプを設立した際にサビエ川に多数のワニとカバがいたことで、南部アフリカの現地語であるツォンガ語で“危険”という意味の『サビサビ』という名が付けられました。サビサビのロッジの中でも暖かいおもてなしをテーマにしたロッジです。

客室数:25室

サビサビ・アース・ロッジ(サビサビ私営保護区)

新時代のサファリロッジを目指し、最も環境に配慮したロッジです。プライベートプールを配した客室からは外を歩く動物達を眺めることができるかもしれません。

客室数:13室

南部アフリカおすすめツアー

サファリ8日間

ビクトリア滝とクルーガーサファリ 8日間

〜世界3大瀑布ビクトリア滝☆ロマン溢れる喜望峰と美しきマザーシティー☆クルーガー私営保護区でBIG5を探す〜

大紀行11日間

南部アフリカ大紀行U 11日間

〜幻想のナミブ砂漠☆憧れの喜望峰☆水煙巻き上がるビクトリア大瀑布☆クルーガー私営保護区でBIG5を探す!3ヶ国周遊!!〜



メルマガ登録
スタッフブログ
海外渡航情報
ビザについて