TOPマダガスカル旅行 > マダガスカル・トラベルインフォメーション

マダガスカルにおける言語・通貨・気候・留意点などの基本情報

マダガスカル・トラベルインフォメーション

国名・首都 マダガスカル(首都アンタナナリボ)
査証 必要(旅券の有効残存期間=入国時6ヶ月+滞在日数以上)
予防接種証明書

原則として必要ありません。任意。

黄熱病汚染地域に滞在、又は通過後6日以内に入国する場合は、イエローカードが必要となります。

時差 日本より6時間遅れ ※サマータイムはありません。
言語 公用語はマダガスカル語、フランス語。英語を話す人はまだ少ない。
電圧 220V、50Hz
プラグタイプはB3、Cタイプ
通貨

マダガスカルアリアリ(MGA)、1000MGA=55円 ※2014年7月時換算額

※2005/1/1より、マダガスカルの通貨はアリアリのみに統一され、以前使用されていたマダガスカルフランは廃止となっていますが、アンタナナリボ以外の地方都市ではまだフランが利用されている場合もあります。ご利用になる際はお間違えのないようにご注意ください。アリアリはフランの5倍の価値があります(1MGA=5FMG)。

両替 アンタナナリボの空港では日本円からの両替が可能ですが、ホテルや地方都市の空港ではユーロまたは米ドルからの両替のみとなりますので、日本からはユーロまたは米ドルの現金をご用意頂くことをお薦めします。
ただし、米ドルでお持ち頂く場合には、2000年以降に発行された新しいものをお持ちください(古いお札は両替を断られる場合があります)。また、トラベラーズチェックではなく、現金の小額紙幣をお持ちください。両替する際は、その都度パスポートの提示を求められます。最両替はほとんど不可能な為、少しずつ両替してください。
気候
  1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
最高気温 23 23 22 21 20 17 16 17 20 22 23 23
最低気温 19 19 19 18 14 12 13 13 15 17 18 19
降水量 271 258 201 59 24 7 12 12 12 72 184 313
※単位は摂氏。上記は平均の最高、下記は平均の最低気温となります。
雨季 1月〜3月 雨季(夏)  4月〜10月上旬 乾季(冬)
気候の特徴 南半球となるため、日本の逆の気候となります。降雨量によって4月から10月までの乾季(冬)、11月から3月までの雨季(夏)とに大別されます。マダガスカルは日本の様に南北に長い国ですので地域によって気温に差があります。東部では雨が多く高温多湿で、しばしサイクロン(台風)に見舞われます。一方、西部においては暑さが厳しく、半砂漠化が深刻な乾燥地帯です。南部に下るに従い、雨量は更に少なくなります。首都アンタナナリボのあたりは高原地帯の為、朝晩はかなり冷え込みます。
服装 日焼け、虫除け対策もふまえ、春・夏服の長袖長ズボンが最適です。埃っぽいので汚れても良い服をご用意ください。日中に比べて朝晩はかなり冷え込みます。首都アンタナナリボをはじめ、高原部のペリネなど重ね着が出来る防寒服を必ずご用意ください。また、ペリネの森を観光する場合は、雨具(カッパ)と防水した運動靴も必ずお持ちください。7月から9月頃は冬の気候となる為、場所、時間帯により寒暖差が激しいので、防寒対策は万全に行ってください。逆に、11月から3月頃は、日中かなり暑くなります。
入国税関持込規制  通貨=外貨は無制限(申告要)、マダガスカルアリアリは5000MGA
タバコ=200本、又は葉巻25本、又は刻みタバコ500g
アルコール=2本または2L(タバコ、酒は21歳以上)
香水=課税対象
その他=動植物、武器、弾薬は許可要
出国税関持出規制 通貨=外貨は入国時申告額。現地通貨は紙幣の持ち出し禁止
禁止品=恐竜の化石、未加工の貴石、ワニ・海亀の剥製、高級木材、生きた動物
食事 朝食はアメリカンスタイルですので、フルーツジュース、トースト、コーヒー、その他卵料理やフルーツサラダが付くこともあります。昼食・夕食は、フランス料理又はマダガスカル料理風洋食です。
飲料水 必ずミネラルウォーターをご利用ください。
物価 水1.5リットル約200円、ジュース約200円、ビール約250円、
グラスワイン約500円
※ホテルにより異なります。
お土産・特産品 ハーゲンダッツのアイスクリームで知られるようにマダガスカルはバニラの原産国で有名です。その他、コーヒー、胡椒、ハーブ、イランイランの香水、手製の刺繍製品、革製品、竹楽器、サイザル麻工芸品などの民芸品があります。
チップ ガイドには一日約US$10〜25程度、ドライバーには一日US$5〜15程度のチップをグループ全体でお渡し頂くとよいでしょう。あくまで目安です。参加人数や、その時の対応によって変えて頂いてかまいません。ホテルのボーイさんに荷物を運んでもらったり、何かを頼んだりした場合は1個につき500〜1000MGA程度、ホテルの枕銭は1000MGA程度が目安です。
ご留意事項 ※現地の様々な習慣や常識を尊重する必要があることをご了承ください。
※マダガスカルは世界最貧国のひとつとも言われ、未舗装の道路も多く、ホテル設備もその他アフリカ諸国に比べても劣る場合があります。停電や断水など水周りのトラブルも多いことを予めご了承ください。

ご旅行に関しては随時正確な情報をお伝えするよう心がけておりますが、予告なしに変更が生じることがございます。あらかじめご了承ください。

おすすめツアー

土曜・陸路モロンダバ

【火曜発】インドリの森とバオバブ街道を訪ねて 9日間

〜安心の日本語ガイド同行プラン!モロンダバへは陸路移動でサザンクロス街道もちょっぴり味わう〜

土曜・陸路モロンダバ

【火曜発】インドリの森とバオバブ街道を訪ねて 10日間

〜安心の日本語ガイド同行プラン!モロンダバへは陸路移動でサザンクロス街道もちょっぴり味わう〜

土曜・陸路モロンダバ

【毎日出発】不思議島マダガスカルとマザーシティ・ケープタウンを巡る 11日間

〜安心の日本語ガイド同行プラン!インドリの森&バオバブ街道&喜望峰〜