TOPケニア旅行 > おすすめロッジ特集

ケニアで泊まれるおすすめロッジ特集

おすすめロッジ

サバンナのど真ん中でしか味わえない壮大なサバンナの景色

どんなところに泊まるの?お風呂や電気はあるの?テントを張って寝袋で寝るの?
そんな心配はご無用!サバンナのど真ん中でも素敵なロッジがたくさんあります。
せっかくケニアへきたなら少しでも自然を感じられるテンティッドキャンプに滞在してみよう!
サバンナを見下ろす丘の上でジャグジーに入りたい!お部屋から一晩中動物を観察するもいいかも!
どこに滞在するかはあなた次第。お好きなロッジをお選びください!


マサイマラ国立保護区

ムパタ・サファリ・クラブ

サバンナを見下ろすオロロロの丘の上に日本人によって建てられたロッジ。大きなガラス窓のある公共エリアや客室から眺めるサバンナの眺めは抜群!スイートルームにはジャグジーがついています。日本人スタッフが常駐なので滞在中も安心です。
マサイの長老夫妻や戦士立会いの下、マサイ式ウェディングを挙げることも可能です。(追加代金要)

場所:西マサイマラ 保護区外
タイプ:ロッジ
客室数:デラックス12室/スイート11室
マサイマラ国立保護区
マサイマラ国立保護区

マラ・セレナ

丘の上に建つ、マサイマラでも一、二を争う見晴らしの良いロッジ。マサイ族の家をモデルにした客室はマサイカラーのペインティングやビーズ細工を用いた独特なデザインでアフリカ気分を満喫できます。

場所:西マサイマラ 保護区内
タイプ:ロッジ
客室数:スタンダード73室/スイート1室
マサイマラ国立保護区
マサイマラ国立保護区

ガバナーズ・キャンプ

1972年オープンのマサイマラの中でも歴史あるテンティッドキャンプ。柵がなく、敷地内に動物が入ってくることもあるという、自然にとても近いロッジです。通常は早朝、夕方の2回のサファリですが、こちらでは希望すれば早朝、朝、夕方と3回のサファリを楽しめます。

場所:西マサイマラ 保護区内
タイプ:テント
客室数:37室
同系列で3つのロッジがあり、ガバナーズ・キャンプ→リトル・ガバナーズ→イルモランとグレードが上がります。
マサイマラ国立保護区
マサイマラ国立保護区

アシュニル・マラ・キャンプ

マサイマラの真ん中を流れるマラ川沿いに2010年にオープンしたテンティッドキャンプ。客室には広々としたバスルーム、昼間くつろげるウッドデッキを完備。マラ川に面した居心地の良いラウンジやバーからは川で水浴びをするカバの姿が眺められるかもしれません。

場所:東マサイマラ 保護区内
タイプ:テント
客室数:45室
マサイマラ国立保護区
マサイマラ国立保護区

マラ・シンバ

タレク川沿いに建つロッジ。レストランやバーは木をふんだんに用いた落ち着いた雰囲気。シンプルで広々とした客室からも運が良ければ水浴びをするカバやワニの姿が見えますし、カバの鳴き声で目覚める体験ができるかも。

場所:東マサイマラ 保護区外
タイプ:ロッジ/テント
客室数:ロッジ84室/テント17室
マサイマラ国立保護区
マサイマラ国立保護区

マラ・ソパ

高い天井の広々とした公共エリアはアフリカらしい雰囲気を満喫できます。敷地内で餌付けをしているので、運が良ければハイエナなどを間近で見ることができます。

場所:東マサイマラ 保護区外
タイプ:ロッジ
客室数:スタンダード87室/スイート12室
マサイマラ国立保護区
マサイマラ国立保護区

サロバ・マラ・ゲーム・キャンプ

緑の中にテントが点在し、敷地内の川ではカヌーや釣りも体験できます。テントの外ではディクディクなど小動物が見れることもあります。

場所:東マサイマラ 保護区内
タイプ:テント
客室数:スタンダード51室/クラブ20室/ファミリー2室
マサイマラ国立保護区
マサイマラ国立保護区

キーコロック

マサイマラの中でも古くからあるロッジ。敷地内にはカバが水浴びにやってくるヒッポプールを見下ろすバーや木立の中を散策できる小路も設置されており、広々とした庭が心地の良いロッジです。

場所:東マサイマラ 保護区内
タイプ:ロッジ
客室数:スタンダード83室/スイート3室
マサイマラ国立保護区
マサイマラ国立保護区

フィグツリー

タレク川沿いに建つロッジ。テント前でくつろいでいるとサバンナモンキーが挨拶にやってくることもあります。バーに見晴台があり、ビールを片手に美しい夕陽を眺めることができます。

場所:東マサイマラ 保護区外
タイプ:ロッジ/テント
客室数:ロッジ32室/テント38室
マサイマラ国立保護区
マサイマラ国立保護区

オロナナ

マラ川沿いに建つラグジュアリーキャンプ。きめ細かなサービスで定評があります。マサイ村訪問やウォーキングサファリに無料で参加できます。朝食や昼食はマラ川に面したテラスでどうぞ。

場所:西マサイマラ 保護区外
タイプ:テント
客室数:スタンダード12室/スイート2室
マサイマラ国立保護区
マサイマラ国立保護区

インターピッド

タレク川沿いに建つロッジ。森の中に点在する客室は全てリバービューです。1日3回(早朝、午前、午後)のサファリドライブが可能です。

場所:西マサイマラ 保護区内
タイプ:テント
客室数:30室
マサイマラ国立保護区
マサイマラ国立保護区

アンボセリ国立公園

オルトカイ

アンボセリのほぼ中央に建つロッジ。改装を終えて、より居心地の良いロッジとなりました。開放感のある敷地からは運が良ければキリマンジャロやサバンナを歩いているゾウ、夜には地平線まで輝く星空を見ることができるかもしれません。

タイプ:ロッジ
客室数:80室
アンボセリ国立公園
アンボセリ国立公園

アンボセリ・セレナ

アンボセリ国立公園の南側に位置する、アンボセリで一番大きなロッジ。マサイ族の家を模した客室は部屋ごとに内装が異なり、アフリカらしいステンドグラスやビーズを用いたものになっています。

タイプ:ロッジ
客室数:スタンダード91室/スイート1室
アンボセリ国立公園
アンボセリ国立公園

アンボセリ・ソパ

国立公園外(ゲートまで約30分)。ヘミングウェイが「キリマンジャロの雪」を執筆したと言われるロッジ。天気が良ければレストランやプールからキリマンジャロを一望できます。小高い場所にあるヘミングウェイバーからは夜やってくるハイエナやマングースを見られるかもしれません。

タイプ:ロッジ
客室数:スタンダード83室/スイート1室
アンボセリ国立公園
アンボセリ国立公園

キリマ・サファリ・キャンプ

国立公園外(キマナゲート約3分)。公共エリアも客室も広々として開放感のあるロッジ。レストラン中央には展望エリアがあり、キリマンジャロを目の前に眺めることができます。

タイプ:ロッジ/テント
客室数:ロッジ12室/テント60室
アンボセリ国立公園
アンボセリ国立公園

アバーディア国立公園

ツリートップス

エリザベス女王が滞在したこともあるという歴史あるロッジ。2009年に改装後は全室シャワー・トイレ付きとなりました。動物が集まる水場が2ヶ所あり、どの客室からもいながらにして動物を間近に眺めることができます。

タイプ:ロッジ
客室数:スタンダード33室/スイート3室
アバーディア国立公園
アバーディア国立公園

ジ・アーク

その名の通り「箱舟」をイメージしたロッジです。大きな窓のラウンジからは水場に集まる動物たちを同じ高さから眺めることができます。通常のサファリでは見られない夜行性の動物を観察するのに絶好のロッジです。

タイプ:ロッジ
客室数:60室
アバーディア国立公園
アバーディア国立公園

ナクル湖国立公園/ナイバシャ湖/エレメンタイタ湖

レイク・ナクル

ナクル湖を望む高台にあるロッジ。レストランやプールサイドからナクル湖を眺めることができます。ディナー前にはスタッフが歌って踊ってお出迎え。夜にはショーが行われることもあります。

場所:ナクル湖
タイプ:ロッジ
客室数:デラックス57室/スイート2室
ナクル
ナクル

サロバ・ライオンヒル

丘の中腹に建つロッジ。レストランやバーでナクル湖を見下ろしながらくつろぐことができます。緑に囲まれた敷地ではカラフルな鳥や花も見ることができるでしょう。

場所:ナクル湖
タイプ:ロッジ
客室数:スタンダード64室/スイート3室
ナクル
ナクル

レイク・ナイバシャ・カントリークラブ

全客室が庭と湖に向いて作られていて、開放的な雰囲気のロッジです。広々とした庭にはウォーターバックや様々な鳥がやってきます。

場所:ナイバシャ湖
タイプ:ロッジ
客室数:スタンダード33室/デラックス11室/スイート2室
ナイバシャ
ナイバシャ

レイク・ナイバシャ・シンバ

良く手入れされた広々とした芝生が広がり、雰囲気の良いロッジ。客室も広く、庭に遊びにくる動物を眺めることができるかも。ジムやサウナの施設も充実しています。

場所:ナイバシャ湖
タイプ:ロッジ
客室数:70室
ナクル
ナクル

レイク・ナイバシャ・ソパ

とんがり屋根のきのこのような建物には1棟4室の客室があります。夜になると湖からカバが芝生を食べに上がってくるので、客室から出るときにはスタッフを呼びましょう。

場所:ナイバシャ湖
タイプ:ロッジ
客室数:84室
ナイバシャ
ナイバシャ

レイク・エレメンタイタ

キレイに整えられた小路の先にレンガ造りのロッジが並ぶ、昔ながらの落ち着いた雰囲気のロッジです。レストラン前のテラスから湖を眺めながらのお食事もできます。

場所:エレメンタイタ湖
タイプ:ロッジ
客室数:33室
ナクル
ナクル

ツァボ(イースト/ウエスト)国立公園

アシュニル・アルバ

2008年にサバンナのど真ん中に建てられたロッジ。ロッジにいながらでも様々な動物を見ることができます。

場所:ツァボ・イースト
タイプ:ロッジ/テント
客室数:ロッジ40室/テント6室
ツァボ国立公園
ツァボ国立公園

キラグニ・セレナ

伝統的な石造りのロッジが水場を見下ろすように建てられています。レストランは天井が高く、壁がないので、サバンナの風を感じながらお食事ができます。

場所:ツァボ・ウエスト
タイプ:ロッジ
客室数:スタンダード51室/スイート5室
ツァボ国立公園
ツァボ国立公園

サンブル国立保護区/シャバ国立保護区/バッファロースプリングス国立保護区

アシュニル・サンブル

アカシアの木々に囲まれた公共エリアや客室からはサンブル保護区との境界を流れる川と豊かな自然を眺めることができます。アフリカらしい内装の広々とした客室でおくつろぎください。

場所:バッファロースプリングス
タイプ:テント
客室数:24室
サンブル
サンブル

サンブル・シンバ

眺めの良いベランダからは目の真に広がるサバンナににやってくるゾウを見ることができるかもしれません。

場所:バッファロースプリングス
タイプ:ロッジ
客室数:70室
サンブル
サンブル

サロバ・シャバ

広い庭と大きなプールのある緑に囲まれたロッジ。前を流れる川ではエサを食べに来るワニを見られることもあります。

場所:シャバ
タイプ:ロッジ
客室数:スタンダード94室/スイート5室
サンブル
サンブル